読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cult

生命力も身体も薄い26歳 死ぬまでの消化試合記録

死神とチェス


「第七の封印」を見た。 
イングマール・ベルイマン。とても良かった。なんて大胆不敵で堂々とした作品なんだ。
死神とチェスをするシーン、シュール過ぎるし独創的過ぎる。
ラストの死の舞踏は圧巻。不気味さが凄まじい。子供が見る白昼夢みたいな気味の悪さ。

世界三大映画監督と言われる理由が少しだけ分かった気がした。

f:id:standbyme0214:20170327040852j:plain

初対面の人に会った。

案の定、自分は挙動が不審だった。口を開くたびに気色悪かった。

ギョロギョロと眼が動き、中身の無い、味も香りも無い事しか口から出ない。詰まらないんだよ、お前の話は。誰も耳を澄ましてはくれない。目を見てくれない。触ってはくれない。

だから言っただろ、何をしてもサマにならない、人並みに出来ないって。

大人しく山の中で腐ってろ。

お前は美しくない。


広告を非表示にする